うつ病たーぼーの頭の中

20歳までは順風満々だった男がうつ病になり、すべてが終わった今思うこと

MENU

2020年を振り返って

2020年、振り返ってみると色々あったような気がするけど、色々は無かった。

 

自分的にはスタートは最悪だった。去年の後期から1年半ぶりに復学して、しかも余裕をもって復学したのに11月には最悪の状態だった。

藁にもすがる思いで学校のカウンセラーに連絡して、それでも学校に通うこともなかなか出来ず、新年を迎えた時も正直あまり覚えていない。ただ4月から休学する旨を伝えなくちゃって、まだまだ先の心配があったのは覚えているが、ほんとに何もせずに過ごしていた。

というか何もできなかったというのが正しいと思う。

 

その頃からコロナの報道があった。ニュースもほとんど見れてなかったので詳しいことは分からなかったが、それどころではなかった。

 

それから何とか学校に連絡して休学した。それぐらいからは楽になってきたような気がする。かといって何かすることがあるわけでもなく、緊急事態宣言や、大学がリモートになっていることなどを他人事のように思っていた。

でもこのリモートに対しては少し希望が湧いたのを覚えている。学校に行くよりもはるかにハードルが低いからだ。これなら戻れるかもしれないと少し希望が持てたのも覚えている。

 

こうやって結局何もしないまま8月まで過ごした。

半分以上終わっているけど、びっくりするぐらい何の思い出も無い。別に記憶喪失になったわけでもないけど、真っ白な8か月だ。

 

この辺りでまた復学しようと考えだした。

調子は良くなかった。いける気もしなかったけど、リモートならってどこか期待していた。そんな軽い気持ちで復学を決めた。カウンセラーの人とも教授とも話して戻りますと言った。

 

そうやって大学に戻ったは良いのだが、リモートというものは思ったものではなかった。冷静に考えてみれば、去年しんどくなった時ベットから出れなかったのだ。パソコンの前に座るだけでも大変だし、そもそも脳が動いていないのに理解することも課題をすることも出来るわけがないのだ。

だけどリモートの良さがあったのか、自分が去年とは違ったのか、今までは何とかなっている。そういう意味ではこの2020年はとてもよかった。

最悪の前半戦から急激に盛り返して勝った気持ちでいる。

 

 

学校以外でも色々なことが出来た。

まずはこのブログだ。自分の気持ちを文字にしてみようと思って結構簡単な気持ちで始めたが、凄くいい経験になった。

昔から何かを書いたりするのも嫌いだったし、ネットに対して非常に強い恐怖心、不信感のあった自分がこんな簡単によく始めたなと今でも思うが、これだけで2020年は良い年だったと思う。

 

文字にすることの難しさや楽しさ、そして何よりも自分と向き合える、自分の頭の中を整理するという意味ですごくいい経験になった。

このブログが誰かのためになっているのか、全然分からない。ネットに上げなくてもテキトーな紙に書いとけばいいんじゃないと言われてしまえばそれまでだけど、この絶妙な緊張感が逆にいい感じが出ていると思う。自分勝手だけど、こんなブログでも読者登録していただいたり、いいねを押していただけるというのはすごく嬉しかった。

 

同じ時期に始めたツイッターもだけどこの一人じゃ無い感は凄く求めていたものだったんじゃないかなと8年目にして気づけた。

そら一人は寂しいし、求めるだろうと思われるけど、いざ人とのつながりというものを持つと考えると、簡単にはいかないんだ。それが及ぼす影響は今の自分には大きすぎるし、簡単に自分が出来ることではなかった。ネットで勝手にこっちが書くことは何とか出来たけど、それに対して誰かが何かしてくれたということで、つながりを持とうとしなくても、向こうから何かしてくれる。これをつながりというのは大げさすぎるのかもしれないけど、それがすごく嬉しかった。

 

2020年振り返ってみればブログを始めたこと、それと一緒にTwitterをやったこと。復学して2/3~3/4ぐらいは何とか授業を受けれたこと。カウンセリングは受けたことは何度かあったが、なんやかんやで1年続けられたこと。世間は非常に大変な状況ではあるが、自分にとっては凄くいい一年になったと思う。

 

リモート授業で関わる人がいないこと。ツイッターやブログで人とのつながりの大事さを感じたこと。色々と勉強する中で居場所というものの大事さなどは分かっていたつもりだったが、それをどちらの意味でも感じた一年だった。

とはいっても正確に言うと8月からの出来事だけだけど笑。

 

ニュースなどもあまり見れていないが、世間のことではコロナのことが大きすぎて他はあまり印象の無い一年だったかな。

それだけ大変なことだと思うし、早い終息を祈って、どこにも行かない。買い物なども極力減らしていることくらいしか自分にできることはないが、本当に大変だったと思う。一人のつらさ、人のぬくもりの大事さ、出来ないということのつらさは人より経験してきたと思うから、凄くそれを感じ続けていた。

 

 

居場所は欲しいが、自分はすぐに動き出せるわけではないし、今は動いてはいけないのでしばらくは家にいると思うが、辛い人はいま世界中にたくさんいると思う。それの方が自分は今気になっている。

 

2021年どういった年になるのか想像もできない。きょう東京で1300人を超えたなどと悪いニュースもあった。つらいことは年内に終わらせたいとは思うけど、現実はそう簡単にも行かないから。自分にできることは出来るだけしたいとは思っているけど、びっくりするぐらい無力な人間で申し訳ない。

 

皆様の2021年が少しでも楽しく、幸せな年であることを心よりお祈り申し上げます。

自分も少しでも楽しく、幸せに過ごせればと思っています。

 

2020年はありがとうございました。

皆様のおかげでいい年を過ごせました。

 

それでは、よいお年を